イランイランの芳香成分について


 

 

 

含まれる主な芳香成分として、安息香酸・ファルネソール・ゲラニオール・リナロール・酢酸ベンジル・オイゲノール・サフロールがあげられます。
ゲラニオールはバラに似た香りを持ち、酢酸ベンジはジャスミンに似た香りを持つとされる成分です。
そのため、ファルネソールともども香水に使用されたり、化粧水などに使われることもあります。

 

 
リナロールは香料にも使われる成分であり、これらの成分が複雑に混ざり合うことによって独特の香りをかもしだします。
エキゾチックで濃厚な甘さを持つ、色っぽい香り。
その香りが嗅覚から脳を刺激することでロマンティックな雰囲気を演出することが可能になり、ベッドルームなどカップルにオススメされるエッセンシャルオイルとしても有名になりました。
その他にも強いプレッシャーでストレスを感じている方の不安を和らげる効果が期待されます。

また、安息香酸やオイゲノールには抗菌・殺菌作用があるため、精油自身もそうした効果を持つことが出来ます。
しかし一方でサフロールが含まれるため、多量に使用すると頭痛や吐き気を引き起こすことがあります。
少量でも十分に強い香りが得られるために、使いすぎには注意が必要になってきます。

コメントは受け付けていません。