スキンケアに使用する方法について


 

 

 

このハーブの主要な有効成分は、リナロール、ゲラニオール、酢酸ベンジル、安息香酸メチルの4つで、これらはどれもうっ血をのぞいたり、血流をスムーズにする作用があります。そのため、スキンケアに使用すると肌の新陳代謝を活性化して、健康な肌をつくる効果が期待できます。
また、ヘアケアに使用すると、抜け毛、薄毛の改善に効果があるといわれています。毛は、毛のもとになる毛母細胞に血液や栄養が送り込まれ、細胞分裂することで成長しますから、頭皮の血流が活性化することは、発毛や増毛に大いに関係があるのです。また、血液は肌を保湿するための水分、脂分も運びますから、頭皮の乾燥に悩んでいる方にもおすすめです。
使い方は、簡単なところでは、洗髪のときにシャンプー、コンディショナーに少量まぜ、いつもどおりに使用します。このとき、シャンプーやコンディショナーは無香料のものを選んでください。

 

 
精製水に無水エタノールと一緒に加えると、ヘアトニックとして使用することができます。地肌につけてマッサージしたり、またはヘアミストとして、気がついたときに気軽に髪に振りかけるというヘアケア法もあります。
お風呂のお湯に加えてアロマバスにすると、全身の肌を健やかにします。
ただし、たいていのエッセンシャルオイルと同様に、原液が肌にふれないように気をつけてください。使用する前はパッチテストをすると安心です。

コメントは受け付けていません。