体への効能について


甘くエキゾチックで強い香りが特徴です。シャネルNo.5などの香水にも使用されています。

 
その甘く濃厚な香りは、リラックス作用とともに催渓作用があるとされ、性的感情を盛り上げる効果が期待できます。インドネシアでは、結婚式など幸せな場面での利用が多く、新婚夫婦のベッドにこの花をまく週間もあります。
このように、この精油は体のホルモンバランスを整え、生殖器系に働きかけ、生理不順や生理痛、更年期障害など女性特有の病気に効果があります。また、男性特有のインポテンツにも効果があるとされています。

 
ホルモンバランスを整えるだけでなく、血圧を下げる効果もあります。ストレスによる動悸を鎮め、緊張感から開放してくれます。そのため、不安、ストレス、緊張感、恐怖など負の感情があるときに役立ちます。

 
この濃厚で甘い香りが苦手な場合は、オレンジ・スイート、グレープフルーツ、ベルガモットなどの柑橘系や、ラベンダー、ジャスミンなどフローラル系の精油とブレンドすると、香りがマイルドになり、使いやすくなります。
また、高濃度で使用すると頭痛や吐き気を催すことがあること、刺激が強いので、敏感肌の人のご使用は、パッチテストで問題のないことを確認してからにしてください。

コメントは受け付けていません。